労使宣言50周年を迎えるにあたって

労使宣言50周年を迎えるにあたって(2012年5月)の要約

私たち労使は、労使宣言締結から半世紀にわたり、その基本的な考え方(1.2.3)に基き、幾多の苦難を乗り越え飛躍を遂げた。
ここ数年においては、世界同時不況や歴史的な円高など、次々と直面する困難な課題に対応してきた。その解決に向けて労使が互いの責任を果たす中で、労使宣言の精神が私たちに脈々と受け継がれていることに誇りを感じた。
同時に、わが国自動車産業を取り巻く環境が厳しさを増す中で、日本のモノづくりを守りぬく覚悟と志を労使で共有した。
会社と組合は、相互信頼と相互責任を基盤とする労使の絆を一層強固なものとし、お客様の満足と社会への貢献を、それぞれの期待を超えるまでに実現することで、労使宣言の精神とトヨタのモノづくりを次の世代に引き継ぐことを誓う。

「労使宣言50周年を迎えるにあたって」調印
豊田 章男 トヨタ自動車株式会社社長(左)
鶴岡 光行 トヨタ自動車労働組合執行委員長/p>

記念碑序幕式

労使宣言50周年記念碑序幕式の様子です。

「トヨタ労組のあゆみ」展示

カバハウス2階に設置された、歴史展示のご紹介です。

 

ページトップへ戻る