55期後期:第1回イベント

2016年6月5日開催、第1回地球環境保全イベントレポートです。

活動の狙い

自然の中で「知る」・「触れる」・「遊ぶ」・「伝える」、こうした活動を通じ地球環境保全に対する大切さを感じ・学ぶ事が取り組みの趣旨です。

55期後期も『水の循環』を年間テーマとし組合員とその家族の人達に取り組みの重要性を深く認識してもらう事を推進していきます。

第1回 地球環境保全イベント

「三河湾で自然にふれて楽しもう!」

日時

2016年6月5日(日)開催

場所

愛知県西尾市東幡豆町 東幡豆海岸および前島

体験活動内容

  1. 浜あそび
    親子で楽しみ、そして自然に触れ、家族の絆を深める。
     
  2. 生きもの採集・観察会
    三河湾に生息する様々な生きものを採集し皆で観察。特徴や生体について、ナビゲータが分かり易く解説し、生きものに必要な自然環境について学ぶ。
     
  3. 生き物クイズコーナー
    海の珍しい生き物や山・川に生息している生き物に関するクイズコーナーを開催し、自然と生き物の関係性などについて楽しく学ぶ。
     
  4. トークライブ
    「海の生き物たち」・「水の循環~森・川・海」などについてのトークやクイズを行い、環境保全への取り組みの大切さを訴える。
     
  5. 食体験
    地元の食材を使ったお弁当や、海で育まれた魚介類の食体験を通じ、自然の恵みを感じてもらう。
     
  6. 環境美化活動(ゴミ拾い)
    実際の行動に移すべく海辺の美化活動を実施。参加頂いた親子で協力しながら、ゴミ拾いを行う事で家族での環境保全取り組みへ繋げる。
     
  7. イベントを終えるにあたり、長年お世話になった地域に感謝する活動を実施。
    東幡豆漁業協同組合から要望があったツメタ貝・ツメタ貝の卵塊の駆除活動を実施。

第1回の様子

画像の保存方法
Internet Explorerをお使いの場合、画像上で左クリックして詳細写真を表示後、
詳細写真上で右クリックして「名前を付けて画像を保存」を選択。

集合写真

浜遊び・生きもの採集

 


トークライブ

食体験

環境美化活動(ゴミ拾い)

 

東幡豆地区の恩返し活動(ツメタ貝・ツメタ貝の卵塊駆除)

 

ページトップへ戻る