今期の活動内容

<活動の基調>

組合員とその家族の真の幸せの実現のために

●「組合員とのその家族の真の幸せの実現」を成し遂げるためには「トヨタの持続的成長」が必要不可欠です。
●経済環境や社会構造、加えて自動車産業の構造も大きく変化する中、その変化を確実に捉えた上で、将来を見すえて柔軟に対応し、組合員やその家族にとって有意義、かつ、時勢にあった活動を展開していきます。


 トヨタの持続的成長のために

     
職場を原点として
組合員にとって意義ある活動を推進するためにも、職場の意見に基づき、組合員・職場役員・執行部が連動した活動を推進していきます。
労使相互信頼・相互責任の精神をもって
過去に幾多の困難を乗り越え、築き上げてきた健全で公正な労使関係に自信と誇りを持ち、この関係をすべての職場労使で一層高め、実践していきます。
社会的存在として
組合員一人ひとりが地域・社会への「感謝」の気持ちを忘れずに、その一員として「貢献」の意識をカタチとして実践していけるよう職場と一体となって各種活動に取り組んでいきます。

 ⇩

1.安全な職場環境の下での質の高い働き方の実現
●安全で健やかな職場づくりに取り組み、安心して働ける環境を確保していきます。
●組合員の生産性向上を図るとともに、より一層の多様性ある働き方を追求し、組合員一人ひとりの更なるワーク
・ライフ・バランスの充実に努めていきます。
●様々な環境変化や会社施策に対して、組合員の働き方や生活に与える影響を確実に捉え、職場の声を  様々な場を通じて会社に働きかけていきます。

 

2.生活の安定・安心感の確保
●組合員の働き方とその成果にも着目し、労働条件の維持・向上に努めていきます。
●働く者の代表を各種議会に送り出し、組合員の声を行政に届けるとともに、企業労使で解決できない
 問題、いわゆる政策・制度課題として取り組んでいきます。

 

3.組合組織の活性化と社会との調和
●組合員全員参加の観点を重視して活動を推進していきます。
●組合員とその家族の元気につながる活動を展開していきます。
●支え合い、助け合いの精神に基づく活動を大切にしていきます。

 

 

ページトップへ戻る